ジャニオタがBTS(防弾少年団)に落ちた時の話。

 

 

存在自体は結構前から知っていた。思い返すと、デビュー当初のあの真っ黒の縁取りアイラインメイクをしていたイカつめのビジュアルの写真にかなり見覚えがあったし、「またすごい名前のグループがデビューしたな〜」と思った記憶もあるため、つまりそのころから存在は知っていた。

 

 

元々ズブズブにジャニオタ村に入りびたっていた私だが、K-popに全く興味がないわけではなく、さらに母が東方神起好き、父もいつの間にか少女時代のCDを買っているという環境に身をおいていたため自然と韓国ドラマなり韓国アイドルのMVなりは抵抗なくよく見るようになっていた(ちなみにその頃私はKARAのハラちゃんが好きだった)。そのため一気に人気になりそして一気に萎んでいく韓国アイドル界の現実の厳しさなんていうものもなんとなく知っていた。

 

だから、というわけではないかもしれないが、入れ替わりの激しい儚い韓国アイドル界を少し客観的に一定の距離をおいて見ていたし、韓国ブームが日本で一瞬過ぎ去った時もそれには関係なく私は新しく韓国でデビューするアイドルたちをある種冷静に見ていた。否定する言葉が見当たらないほどに生粋の、いろいろとこじらせたドルオタだった。

 

 

 

ところで私はジャニーズ界ではジャニーズ WESTの藤井流星くんという美青年を応援している。ジャニオタ界でいういわゆる「自担」である。情報取集とただただ無心に愛を叫びたいという思いから始めたTwitterで、私はいちジャニオタとして安穏としていたわけであるが、ある時TLで流れてきた写真を見て少し衝撃を受けた。

 

 

流れてきた写真は韓国のマスターさんが撮った韓国アイドルの写真だったのだが、余りにも顔が綺麗すぎた。もちろんカメラ目線などしていない。さらに移動途中であったためそこまでキメ顔なんて意識もないだろうに。すごい。こんな人二次元じゃなくて現実にいるんだ、と素直に思った。

 

 

これが私が初めてBTSの黄金マンネ、チョン・ジョングクさんをまだ名前すら知らない時に見かけた率直な感想である。クソミーハー。

 

 

 

えっっ!!この子あの防弾少年団の子か!!え、たった1つ上!?!?まじか〜こんな男の子私の周囲に全くいないぞ〜〜〜!やっぱすごいな!韓国!!

 

よく分からないテンションになり気づけば防弾少年団のMVをyoutubeで検索していた(沼落ちの音)。その後もTwitterの公式アカウントをフォローしに行き、VLIVEなる良コンテンツの存在を知り見漁り、歌詞の日本語翻訳を見に行き、さらに花様年華やWINGSの解析ブログを読み始める頃には立派な新規ARMYが完成していた。びっくりするのがこの時私浪人生してたんだよね〜〜〜!よく大学受かったな。ほんとよかった。アイドルの力はすごい。

 

特に考察ブログは急速にBTSに惹かれていった理由の大きな1つだ。こんなにも深く深く考えながら音楽を作る人たちがいるのか、BTSをただのアイドルグループだと思っていたらダメだ。この人たちの作る音楽は、私のアイドルについての価値観の理想郷だった。とんでもない人たちである。

 

 

 

 

さて推しについてだが、そもそも私は多人数アイドルグループにおいてわざわざ推しを一人に決定してしまう必要はないと思っている。だって趣味だし。勝手にやらせてくれや。

 

 

 

ただ私の場合、どうしようもなくキム・テヒョンという人にハマってしまったのだ。

 

BTSのVさんの初見はかなりの人が思うであろうクールっぽい人、の印象だった。キツめの三白眼で小さい顔でちょっとこわそうかも。。

 

ただその印象はたりょら(Run! BTS)を見始めると一気に崩れ去った。何この人、、、めちゃくちゃ変な人だ、、というか待って。この感じ誰かに似たようなものを感じる、、、誰だっけ、、、自担だ。そこはかとなく雰囲気が一緒だ、、、やばい、、めっちゃすき、、、

 

 

 

そこからはもう勢いだった。整いまくったCG並みの顔面を持つ、死ぬほど優しくて心の暖かい、周りを和ませる才能を持ち合わせた感情豊かな人に、私はまたしてもハマったのだった。

 

 

 

流星くんとテテちゃんの共通点と相違点を挙げていくとキリがないのでここでは詳しくは言及しないが、とにかく、二人の纏う柔らかい雰囲気と何も考えていないように見えて二人ともバリバリの思考型タイプなところがどうしようもなくすきだ。あとめちゃオシャレ。ただのTシャツもハイブランドもよく似あう。

 

 

 

 こんな感じで私は結果的にブームに乗っかったようにも見えるがBTS(防弾少年団)の沼に完全に落ちた。今更引き返そうとは思わない、だって楽しすぎるから!!ありがとう!!

 

もう少し早く出会えていたら、、、と思ってしまうこともある。ただこれはオタクのエゴかもしれないが、私はこの尊敬すべきアイドルグループに出会うに然るべき時にして出会ったのだ、と思っている。きっかけは偶然だが、心のどこかでは彼らのような存在を欲していてそれが自然と引き合わせたのだ、と。クソオタクでごめん。

 

 

 

 

最後に、BTS(防弾少年団)のみなさんデビュー5周年本当におめでとうございます。あなた方に出会えて本当に良かった。これからも変わらずに変わり続け、ありとあらゆる人たちに愛を与えていてください。愛のお返しはちゃんとします。どうか、どうかこのクソみたいな世界を変えてほしい。

 

BTS(防弾少年団)物語についてのお話。

 

  

ついに戻ってきてしまいましたはてなブログ

 

 

覗いてくださりありがとうございます。1億年ぶりに長い文章書くので多少読みづらいのはご勘弁ください。 久しぶりすぎて書き方本当に忘れてる。。。つら。。

 

 

何を書くかというとまあタイトル通りなんですけど、ちょっと前にBTSのデビューからの流れのツイートしたんですが、

 

余りにも深夜テンションの勢いだったので正直自分で後から見てもとっちらかって訳わかんねーよ!!!となったのでこっちで丁寧に書くことにしました〜。最初から最後まで自己満です。私が物事を考えるときまず大筋を捉えないと細かい部分まで観察・推察できない地獄のような文系人間なので、私の個人的な頭の整理でもあるブログです。なので同じタイプだという方(お友達になりたい)と死ぬほど暇な方はどうぞ〜。

 

 「あくまでも一説だ」ということをまず頭に置いておいてくださいね。

 

 

防弾少年団デビューから現在BTSまで一貫している一連の流れについて、

 

  • 軸のメインテーマ:青春(多くの意味を含んでの)
  • 物語本体:メンバー自身の経験+デミアン思想(花様年華〜love yourself)+世界平和
  • パラレルワールド:エジプト神話などその他要素諸々

 

という感じかな〜と考えています。要素がいろいろと多いですが。

 

ここでいう青春はいわゆる少年→青年への誰もが経験する成長を示しています。したがって高校時代の恋愛だとかを単純に指すものではありません。これについては世界中どの国を見ても共通する概念だと思っています。

 

さらにヘルマン・ヘッセが書いた「デミアン」に登場する思想にはユング心理学が元となったものが存在し、この思想は他にもサン=テグジュペリが書いた「星の王子さま」等にも見受けられます(なんで星の王子さまが出てきたかは置いといてくれ頼む)。

これらの作品に出てくる思想を全てむりやりまとめると、伝えたいことは一律でLove yourselfです。そのまんま〜。

 

あと花様年華〜love yourselfと書いてますが、それ以前の楽曲作品も無関係ではないと思います。SKOOL LUV AFFAIRなんてど真ん中青春時代って感じだし大人や社会への反発心についてもデミアンの中で描かれています。ただ明確に「デミアン感」を出してきたのは花様年華あたりからかな〜と思いますね。 

 

メンバーの実際の経験が盛り込まれてる根拠は、各所で「メンバー自身の体験を歌詞にしている」等の発言が見られるからです。自分たち自身のことについて書こうと意識している、ってよく言ってますよね。BTSの人柄的に回りくどいことは言いそうにないので言葉通りの事実を言っていると思います。パンPDも自身の講演会で「防弾少年団の曲は防弾少年団の内面にあるストーリーであるべき」と彼らに要求したと仰っていました。自分のことを歌うのが何より大事だ、と。←実質これが決定打です

 

また、もちろん花様年華the notesの話はノンフィクションではないので「物語」と書きましたが明らかにメンバー個々人の体験や当時の心情も混じってるように見えたので完全にフィクションとは言い切れないように思いました。

 

あっ、世界平和は完全に私の妄想でつけただけなんですけど、事実BTSユニセフと提携しているほか、様々な形で慈善活動を行なっていますよね。言うまでもないです。

 

総括すると、BTSの作品を通して世界へ伝えるメッセージはlove yourselfであり、防弾少年団のデビュー当時から今までの曲は全て彼ら自身の現在進行形の成長ストーリーです。死ぬほど尊い

 

とここまで考えて、私の中で疑問点が出てきました。

 

  1. いつの段階でこの構想は出来上がっていたのか?
  2. なぜメンバーは直接の体験を入れようとしたのか?
  3. なぜわざわざ神話モチーフをパラレルしたのか?

 

の3点です。これらについて完全に主観ですが考えてみました。

 


1.

パンPDニムの頭の中に入らない限り分からないので完全に想像なんですけど()、新たにグループをプロデュースしようとした時に世に放つメッセージとしてlove yourself的な考え方は既に頭の片隅くらいにはあったんじゃないかと思います。

そう考えると、(繊細なことなので深堀りしませんが)デビュー前当初完全にヒップホップ路線だった防弾少年団を、メンバーを欠いてでもアイドルに路線変更したことにつながるかもな、と…

アイドルは万人に笑顔と希望を与える存在だ、という認識は日本でも韓国でもそう大差ないと思われます。そのため掲げたメッセージ(love yourself)を伝えるにはアイドルという存在が一番適切ではないか?みたいな…(想像です)(アイドル論についてはまたの機会で)

 

 

2.

上からの流れに繋がるんですけど、「idol=虚像」であり最初から最後まで演じ続けても良かったのにも関わらずメンバーが個々人の体験を入れこんでいるのも、というかそうするようにという指示を受け入れたのも全てlove yourselfを人々に伝え広めるためなのかなと思いました。いや普通ちょっとは抵抗すると思いますよ、自分自身の脳内、体験、意見、世界に対する考え方を直接歌にするって全然簡単じゃない。普段そんな人様に堂々と見せられるような大層なことなかなか考えないし、私には無理。紆余曲折があったかなかったか知る術はありませんが、結果的にそれができているBTSは一体何者なの??頭の中どうなっているの??世界遺産指定して全世界あげて保護した方がいいんじゃない??(急に現れるオタク的人格)

もちろんメンバー本人は特定の事項を指してあれが実際に自分が体験したことだ、とわざわざ言うことは今後もないと思います、多分。メンバーの体験が土台とはなっていますが一応芸術家としてのBTS自体は一人の人間の少年→青年(青春)の物語を表現しようとしていると思うので…

 

 

3.

これに関してはりえっぺさんの解析を拝見させていただいた上での話題なのでエッ初耳なんですけど!という方はりえっぺさんのブログぜひ見に行って欲しいんですけど(分析力とリサーチ力が凄まじい、尊敬)、エジプト神話なんて関係ないとはとても言えません。ピミル関係も業界的には全然関係ありそうですが(というか多分あるでしょ)、それだけが理由とは思えませんでした。前例のないこと、他の大手事務所とは違う戦略を立てて実行するのがビッヒ、という私の勝手なイメージです笑

BTSの伝えるメッセージ(love yourself)は人間が長い歴史の中で見出した人間として生きる上での究極の目標のようなものです。言うのは簡単ですけど誰でもすぐ実装できるものではないと思います。そこで人類の歴史の本当に本当の最初の哲学(人間とは何かという問い)が生まれた起源を示す神話をもちだしたのではないかな、と考えました。

また、現在世界中に存在する神話はバラバラのように見えて案外繋がっていたりとか影響し合っていたりとかしていて、ある地域でしか絶対に当てはまらない!というものはないんじゃないかな。その意味でも、韓国のみならず世界に向けメッセージを発信する彼らに合った演出なのではないか、とも思いました。最後らへんこじつけです。

 

りえっぺさんのブログです。見て。↓

ameblo.jp

 

 

、、、以上です!

だらだらとした文章に最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

 

 ↓界隈見ながらめっちゃ言いたかったこと書いてるだけ。情緒不安定。

 

BTS応援しはじめてからよく思うんですけどぶっちゃけ解釈なんて人それぞれだと思うしどれが正しくてどれが間違ってるかなんて誰も分かりっこないんですよね、ホントのことは本人たちしか知らないし(正直それさえもビミョーだと思ってるけど)我々がそれをどうにかして全て知ろうとする必要もないと思いますね私は。ARMYさんには天才的な分析力をお持ちの方が多くいらっしゃるのでその方についてくのもいいし独自の理論を組み立ててもいいし、みんな自分が信じる世界を信じればいいでしょ〜。相手はアイドルだぞ!最初から全部理解できるなんてそんなわけ!

 

というかこっちからしたら新しい曲が出た途端こんなにもファンが一斉に考察はじめるグループなんて初めてすぎてビビりました最初。だから逆に、解釈とか無理!!デミアンとか訳わからん!!もうなんでもいいけどとりあえず顔がカッコいい!!みたいな感じでもオールオッケーでしょ、フツーに。当たり前すぎてあんまり言わないけどBTSのみなさん顔マジでカッコいいよね。わかる。

でもまじでよく分かんないところで変に人の考え否定することだけはやめような!!みんなで仲良くしよ!!(自己防衛必死か)

 

 

 

結局何が言いたかったかというと、自分のキャパを大幅オーバーしそうなくらい細かく難しく考えなくてもいいんじゃないの、ってことです。この界隈なかなかに過剰供給だからよく情報に追いつけなくて死にたくなるけど適度に調節して生きていこうね。好きなものが重荷になることほど辛いことはないし。私も多分全部なんて追えてないよ。まあ、そんなこと言っといて細かく難しく見がちですけどね私も。なにせ何かを考えないと死ぬタイプのオタクなんで。一生治らん。

 

、、、ホントに終わります。ここまで見てくれたあなたは世界一優しい。